「人は見た目が9割」といわれるように初対面で人と会った時、


最初に顔を見て相手の性格を判断してしまいがちです。


相手の顔に刻まれたしわは相手への第一印象として残り、


その人相からにじみ出る生き方を表わしているといっても過言ではありません。


とくに女性同士ですと、年齢が近ければ近いほど気になるのが相手の顔のしわ、


女性の大敵「ほうれい線」と「目元のしわ」です。


このしわがなくなるだけで、40代でも年齢に関係なく、


若々しい印象を周りに与えることができます。


そして顔の中でも「目は口ほどにものをいう」という諺があるように、


目の印象は最も強く印象的な部分です。


真顔から笑顔になったときに出る目尻のしわは


素敵な笑いじわでもありますが、


ピンと張った目尻であればより若々しく見え笑顔も一層素敵です。


40代でも目尻のしわを気にせずいつも素敵な笑顔でいたいものです。


そんな気になる目尻のしわを食い止めるためにも、


まずは出来ることから始めてみましょう。

40代の目尻の小じわって本当になおせるの?

気になる目元のしわの構造どうなってる?

目元の皮膚の厚さは、他の顔の皮膚の3分の1。


薄くてとてもデリケートなため、水分を維持する層も薄く、


皮脂分泌も少ないので乾燥しやすい部分です。


さらに1日に何万回も瞬きするので動きが多いので、


他の皮膚以上に丁寧で十分な保湿でカバーする必要があります。


また、しわには大きく分けて2種類あり、


「表面性しわ」と「真皮性しわ」といわれるしわが存在します。



■表面性しわ(ちりめんしわ)
⇒肌の乾燥によってできる目の下の細く横にできるしわ


■真皮性しわ
⇒真皮層の衰えによってできる目尻や額にできる細かいしわ


他の皮膚とは違い、目元がいかにデリケートゾーンであるのか、
また薄いゆえ、しわになりやすいことを理解することがしわを改善する第一歩です。


目尻のしわのない鏡の中の自分をめざして、次は実践あるのみです。

見違えるほど若く見える!40代の目尻のしわ撃退法

化粧水・乳液・クリーム・美容液パック法

化粧水→高品質の美容成分が低分子化されているものを選びましょう。


乳液→乳液は表皮全体に水分・油分・栄養を与える美容成分でなめらかな肌を保ちます。


クリーム→肌に栄養を与えるクリームは水分と油が含んだ美容成分です。


美容液→しわを根本的に改善する成分が壊れたコラーゲンやエラスチンを修復し、


短期間で効果も発揮しますので、1番のオススメです。


⇒私が目尻のシワを一瞬でなくした美容液(写真付)

手で温めて、柔らかくしてからマッサージ法

マッサージは肌の血行を良くし、活性化することが目的ですが、


目元の皮膚は非常にデリケートですので、


3日に1度くらいのペースで優しく皮膚を撫でるようにマッサージします。

目の表情筋エクササイズ法

上まぶたと目の下の筋肉を鍛えるエクササイズで、


目の周りの筋肉をほぐすことでしわが改善されます。


マッサージ同様、頻度が多いと反対にしわが深くなりやすいので


1日3回までにしましょう。


マッサージのやり方については、書籍にも多く出ていますが、


シワに効果的な「顔ヨガ」もカルチャーセンターなどで見かけますので、
ぜひ参考にしてみてください。


いかがでしたか?


40代から増えてくる目尻のしわも、自宅でできるセルフケアで、


高級エステ並のしわのない綺麗な肌へと導くことがことできます。


目元の美容液にこだわり少しの手間と時間を使うことで、


私も月一回のエステサロンよりも遥かに効果を感じられ、
女性としての自信があふれだしてきます。


40歳を過ぎても目元の若々しさをキープしながら素敵な笑顔で毎日を過ごしていきましょう。


⇒どうしてシワのある人とない人と差がつくの?!