笑ったときにぷっくりと盛り上がる涙袋。


よく見ると、涙袋に細かいしわを見つけてドキッとしたことありませんか?


目の下は、皮膚の中でも1番薄く、



ちりめんじわができやすい場所です。


浅いしわくらいならいいですが、自慢の涙袋の下にくっきりしわを発見したら、
なんだかショックです。



できやすい目元のしわに効果的な化粧水と解消法で、


悩みのしわを防ぎましょう!

涙袋のシワを一気に改善する方法とは?!

目元のしわを即効解消する優秀な成分

若い女性の間で人気のある涙袋は、生まれつきある人と、ない人がいます。


ない人は、メイクで涙袋に見せかけたり、


物足りない人は、美容外科でヒアルロン酸を注入してもらうようです。


ヒアルロン酸は人体にもともと備わっている成分ですが、


加齢により少しづつ失われていき、肌のしわやたるみの原因となっています。


そのため体内に吸収されても無害で、


ほうれい線、眉間などの深いしわから、浅いしわである目元のちりめんじわ、


涙袋の形成にとても効果的といわれています。


さらにヒアルロン酸は、しわの形成以外にも、


魅力的な涙袋を作り出す働きがあり、


目の周辺の張りと潤いをしっかりサポートできる成分です。


ヒアルロン酸内にある「ムコ他糖体成分」が、


肌の張りや潤いの源であるエラスチンやコラーゲンの隙間を埋め、


しわによる皮膚のへこみをなめらかにし、しわを解消していきます。


なんと、わずか1グラムで、6リットルもの水分を保水できる能力を持っているので、



肌の張りや潤いをキープし続ける力があるのです。


人体に備わった成分であることから、副作用、アレルギーの影響も与えることなく、


安全にしわの悩みを即時に解消する優秀な成分です。


化粧品やサプリメント等でよく耳にする知名度が高いヒアルロン酸ですが、


分子構造的に分量が大きいため、肌の表面から浸透させるのは難しく、


注射等で吸収されるまで長期間かけ体内に注入し、


張りを維持するのが一般的だと思われてきました。


しかし、最近になって世界初の新技術が開発されたんです!



今までは、ヒアルロン酸を塗るだけ、付けるだけだったんですが、


私もいろいろ使ってみても効果は今イチ…


お肌の奥のシワには浸透していなかったんですね・・・


でも、世界初の新技術、刺すヒアルロン酸は違いました!


あっという間に涙袋の細かいシワは消えてしまったんですよ♪


こちら↓  ↓  ↓に詳しくまとめましたのでチェックしてみてくださいね。
⇒針で刺すヒアルロン酸?!世界初の目元シートこちら!


さらにさらに!涙袋のシワを効果的に解消する方法を見ていきましょう。

3つのスキンケアで涙袋のしわ解消

目元にある涙袋のしわの解消として日頃のスキンケアが非常に大切です。

メイク落とし

少しでも残ってしまうと、肌にも目にも負担がかかり、


しわになりやすいので、涙袋の目元のメイクをきちんと落としましょう。


無添加の洗顔料が肌に刺激を与えずいいですね。

目元をこすらない

・洗顔後のタオルでゴシゴシ拭かないようにしましょう。


・毎年おとずれる花粉症対策として、


目のかゆみを抑えるために早めに目薬や飲み薬で防ぐなり、


専用メガネを使って目をこすらないようにしましょう。

肌に潤い対策をして乾燥を防ぐ

・目元のしわには、目元専用のクリームがあります。


高品質のクリームで時間をかけて涙袋のしわの潤いを心がけてみましょう。


私も目元専用のクリームを使ってケアしていたら、
だいぶシワがなくなって驚いています。


写真付きで紹介してるので
よかったらチェックしてみてください。
↓  ↓  ↓
⇒目元専用シワクリーム写真付きこちら!


 高品質なしわに有効な成分(植物成分・コラーゲン・ヒアルロン酸など)


浸透技術にも注目して選びましょう。


いかがでしょうか?


ココ・シャネルの有名な言葉に


「20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔は自分の功績」とあります。


生理学的にも理にかなった言葉ではありますが、


これを女性のチャーミングな涙袋に例えるとしたら、こうなります。


「20代にできた魅力ある涙袋を活かすかどうかは、50歳までの自分の努力によるもの」


自然の贈り物である若さの効果は20代くらいで終わりを告げ、


努力を続けることで50代でも若々しくいられます。


目元の印象ひとつで、人は若く見せたり、


綺麗に見せることが出来ます。


若い頃チャーミングだった涙袋を大切に、


年齢を重ねても目元美人でいられるように、いつまでも潤いのある肌を目指しましょう!