乾燥した季節、


女性の肌トラブルで気になる目元のちりめんじわは、


目尻の周りに集まる細くて小さなしわです。


しわにも、浅いしわや深いしわがあり、


ちりめんじわは浅いので、早くケアすれば、簡単に治りやすいと言われています。


しかし、治ったからと安心して、再び肌表面の乾燥をそのままにしたり、


お肌のキメが乱れている状態を繰り返していては、


浅いしわが深いしわになる原因にもなり、元も子もありません。


ちりめんじわは何が原因でできてしまうのかをしっかり理解して、


常にしわのない潤いのある肌に整えておきましょう。

ちりめんジワができる本当の原因とは?!

紫外線のダメージによるちりめんじわ

ちりめんじわにならないハリや弾力のある肌には、


コラーゲンやエラスチンという成分が角質層にたっぷり詰まっています。


しかし栄養が空っぽな、ちりちりな肌の原因は、


いつも浴びている太陽光による紫外線のダメージにあります。


日差しが強い夏は、大人だけではなく、


子供でもダメージを受けてしまいますが、


20歳前半までは肌の回復力がありますので、


再び元気な肌に戻ってくれます。


しかし、20代後半になると回復力が衰えてくるために、ほんの数分紫外線を浴びただけでも、


数時間後にはコラーゲンを破壊する酵素が作られ、角質層から水分が奪われてしまいます。


ほんの少しの油断から、直接浴びてしまう紫外線によって、


肌は悲鳴をあげ、ちりめんじわとなって肌に現れるというわけです。


ですから季節にかかわらず普段から紫外線対策として、


日焼け止めクリームやサングラス、日傘や帽子で紫外線からお肌を守ってあげましょう。

ダイエットによるちりめんじわ

ちりめんじわの原因の一つに「痩せじわ」と呼ばれる、


ダイエット後にできるしわがあります。


痩せじわとは、脂肪をつつんでいた皮膚が、


ダイエットによって痩せた部分が余ってしまい、


それがしわに変化することをいいます。


年齢が若ければ、新陳代謝が活発なため、


肌のターンオーバー(生まれ変わり)の過程で減量していても、


あまりしわになりにくいのですが、


20代後半からのスピードの遅い肌のターンオーバー中に、


短期間で痩せてしまうと、お肌の状態が上手くかみ合わず、しわしわになってしまいます。


また、痩せることは、何かを我慢することで、


ストレスが大変たまりやすい状態が続きます。


そのうえ、減食によりお肌に必要な様々なビタミンやミネラルも不足し、


お肌に栄養はいきわたらない危機的状況です。


ダイエットする年齢にもよりますが、


急激なダイエットは肌のしわを進行させ老化を進ませてしまう要素が大きいので、


美容や健康を考える上でも、ちりめんじわを増やさないためにも、


無理のない範囲で体重管理されると良いでしょう。


いかがでしたか?


お出かけ前に気分よく化粧をしていても、しわを発見してしまうだけで、


気分が乗らないばかりか、老け込んだ気がして自信もなくなってしまいます。


目元付近によくできるちりめんじわは、


加齢による乾燥、紫外線、ダイエットなどで、水分や栄養分が奪われカラカラな状態です。


草木や花の水分や栄養がカラカラな状態だと、いずれしおれて枯れてしまうように、


人間も喉が渇いて体に水分や栄養がカラカラな状態だと同じように


肌もたるんで枯れてしまいます。


鏡の中のちりめんじわに気づいたら、


必要な保湿を早期に取り入れることが先決です。


毎日の丁寧なスキンケアでお肌を整え、体に栄養分をしっかり補給し、


体の内側と外側から上手にメンテナンスをしていくこと、それが美肌への近道です。



⇒ちりめんじわアイクリームでシワがなくなった?!