夏以外の乾燥する季節になると、


目尻のちりめんジワが気になりませんか?


笑った時にできる笑いじわは、にこやかで朗らかな良いイメージですが、


鏡にうつる目元の小さな細かいしわに気づいてから、


なんとなく笑顔も引きつってしまうなんて本当に嫌です。


目元や口元などにできる細かく散らしたようなしわのことを、


小じわ(ちりめんじわ)と呼びますが、


鏡をよく見なければ分からない程度の浅いしわです。


ちりめんじわは、笑ったり、しゃべったり、


食べたりする時の表情が動いた瞬間に出現することが多いので、


しわの出ている自分の顔は直接見れませんが、


他人からは、ちりめんじわは、くっきり丸見えなのです。


ちりめんじわはできたての浅いしわですが、このまま放っておくと、


より深いしわへと進行し取り返しがつかなくなってしまいます。


しわの浅いちりめんじわのうちに、しっかり対処してしまいましょう。

ちりめんじわと言われる細かなしわの正体とは?!

ちりめんジワは浅い時なら消せるっ!

小じわは目元を中心に口元、頬、おでこにできやすく、


とくに目尻や上まぶたに小さくできる細かいシワのことを


「ちりめんじわ」といいます。


「ちりめんじわ」の由来は漢字で「縮緬皺」と書き、


縮緬という技と細かいしわ状にした布地がちりめん状で、


目元に表れる細かなしわが、その様子に似ていることから、


ちりめんじわと呼ばれるようになりました。


肌のシワは、加齢、乾燥、紫外線などによるダメージから始まりますが、


肌の一番外側が表皮、真ん中が真皮、一番深い部分が皮下組織という構造になっています。


そして、肌の一番外側である表皮に発生するシワを、


ちりめんじわ、別名「乾燥ジワ」といいます。

ちりめんジワがあるかどうかの簡単な見分け方

早い方ですと、20歳を超えたあたりから、


肌の水分減少でしわが発生してきますが、


ちりめんじわは自分であまり気づきにくいため、


浅いしわをそのままにしがちです。


まだまだ若いから安心してると油断大敵。


老化現象の早期発見のためにも、ちりめんじわの、


とても簡単な見分け方を1つ紹介します。


ちりめんじわの見分け方、


それはズバリ、風呂上がりの顔にしわがあるか、ないかだけで判断できます。


通常、ちりめんじわは、浅いしわなので、


肌が潤うと消えてしまいます。


もし、お風呂上がりの肌が濡れている状態にもかかわらず、


しわがまだ消えていないという場合は、ちりめんじわではなく、


真皮層まで達した深いしわと判断できます。


洋服についたしわも同じで、しっかり跡がついたしわをアイロンで伸ばしても、


なかなかすぐには綺麗に伸ばせません。


このように、しわの浅いちりめんじわのうちに、


しっかり保湿すればしわを消すことができますが、


深いしわに進化してしまった場合は時間を多くかけてケアをするか、


最終手段として、美容整形に頼ることになるかもしれません。


せっかく浅いシワのうちにケアすれば


おばあさん顔にならずに済んだのに、



ケアを怠るから、シワシワの老け顔になってしまうんです!


あなたは浅いシワのうちにケアしますか?


それとも、ケアを面倒くさがって周りより老けたおばさんまっしぐらになりたいですか?!


この前、世界初新技術の刺すヒアルロン酸を発見しました!


私がみるみるうちに目尻の小じわを治してしまった


方法を今すぐ見てみてください!!
↓   ↓   ↓
⇒目尻のちりめんジワを一瞬で解決した方法こちら!

目元のちりめんじわ、他にできる場所はどこ?

小じわは乾燥と紫外線が主な原因ですが、


春先など乾燥する時期に、


花粉症やアトピー性皮膚炎などで目の周りに痒みが出て


掻いたり擦ったりするとちりめんじわがが増えてしまいます。


目元は皮膚を支ええる骨がないので、


ゾウの目のようにしょぼしょぼになりやすく、


とくに、上まぶたにちりめんじわができると二重の人は三重になったり、


ぼやっとした印象になるためすごく老けて見えてしまうことがあります。


また、上まぶた以外にも、頬や口元、おでこ、手などにでやすいので、


顔以外にも、しっかり保湿を心がけましょう。


いかがでしたか?


しわに悩んで、高級エステに通うことを考えていた方も、


ちりめんじわなら、早期発見と早期ケアで簡単に消せることが分かり、


少し安心されたことでしょう。


自分で気づきにくいしわではありますが、


ちりめんじわに気が付いたら、早目に保湿で


肌に潤いを与えてしわを撃退しちゃいましょう!