20代の若い肌でも、メイク中に鏡を見たとき、


目元に小じわをいくつも発見して驚いたことありませんか?


小じわのことをちりめんじわともいいますが、


若さに関係なく、目元の皮膚が薄いため、20代でもちりめんじわになりやすいんです。


若さゆえ、小じわくらい時間が経てば消えるだろうと放置していると、


それが深いしわへと変わり消えなくなる可能性も出てきます。


すると、若いのに目元だけは老けて見られたり、


しわをメイクで隠すものなら、


ますます小じわが目立ち若くても若作りをしていると見られがちです。


年齢関係なく表れるちりめんじわの原因を知って、


本来の正常な年齢肌に戻していきましょう。

20代のちりめんジワを放置すると危険!

乾燥によるダメージ20代でも危険な理由

20代の若者は30代以降の人に比べ、


お肌はまだ艶があり、ピチピチでしわはほとんどありません。


年齢のわりに老けて見られるタイプのひとつに、


目元のしわが目立っている場合があります。


目元のしわには、いくつか原因がありますが、


20代ですと基本的には肌は老化しているわけではありませんので、


おそらく乾燥が1番の原因と考えられます。


仕事をしている女性であれば、


普段から乾燥しやすいオフィス環境であったり、


喉が渇きやすい環境であったり、


紫外線を浴びやすい状況下で1日を過ごすこともあるかもしれません。

いくら若い年代であっても、お肌の水分量にも限界がありますので、


乾燥によって小じわができても不思議ではないのです。

目元にできるちりめんじわ 3つの理由

目元は他の部分に比べて皮膚が薄いため、


外部からの刺激に敏感でしわが発生しやすい部分です。


そんなデリケートな目元のしわの原因は何なのか、


一緒に見ていきましょう。

スマホ・パソコンの使いすぎ

いまや、10代から手にしているスマホは、


便利な反面、画面も小さく、使い過ぎると眼精疲労になります。


画面に集中しすぎて疲労に気づかない場合も多く、


瞬きが増えるため目元のしわに影響します。


スマホばかりではなく、パソコンでも同じことで、


画面を見すぎてドライアイになることもあり、


不快な目をついつい擦って摩擦でしわが増えてしまうこともあります。

濃いアイメイク

目は顔の中でも念入りにメイクする人も多いですが、


アイメイクに時間をかければかけるほど、


化粧を落とすのにも時間がかかります。


化粧を落とす際、つい力を入れすぎたり、


念入りに洗いすぎて目元の皮膚にダメージを与えてしまうのです。


目元のアイメイクを盛りすぎると、クレンジングで強めに擦ってしまいがちなので、


ちりめんじわが気になる時は、アイメイクを控えめにすると良いでしょう。

カラコン・まつ毛エクステの使用

最近、若い女性の間でよく見かけるのが、


カラコンやまつ毛エクステをしている女性です。


カラコンやまつ毛エクステで目が乾燥して瞬きが増えたりすると


目を動かす回数が多くなるので、自然と目元がちりめんじわになりやすくなります。


若いのでお洒落もしたい年頃ではありますが、


しわを予防するためにも、


自分の目に合うカラコンやまつげエクステを選んで使用するように心がけましょう。


ちりめんじわにならないポイントは3つになります。


1力を入れないこと、2乾燥させないこと、3たっぷり保湿することです。


若さゆえの油断が、あとで大きく後悔することになるかもしれません。(私です)


日頃から目を大切にして、年齢に合わせたスキンケアでしわを減らし、


本来持っている若々しい肌を取り戻していきましょう。


20代のちりめんジワを一瞬で解消する方法を


知りたくないですか??


20代ならかんたんにシワなんて消えてしまいますよ!
↓  ↓  ↓
⇒20代の小じわを一瞬で消す方法とは?!