若い女性に人気の「涙袋」、笑ったときに目の下がぷっくりして可愛いくて、


目が大きく見えるので男性からも好まれる傾向があります。


生まれつきあると思われる「涙袋」はある人もいれば、ない人もいて、


女性ホルモンの増加でできやすいとも言われています。


涙袋は「フェロモンタンク」や「ホルモンタンク」と言われ、


人相学から良縁や子宝に恵まれると解釈されることから、


女性ホルモンやフェロモンに関連付けられています。


もともと涙袋のない女性の間では「涙袋メーク」「涙袋コスメ」「涙袋形成」といって、


メイクで涙袋に見せかけたり、美容外科でヒアルロン酸注射をして、


涙袋を作る人までいるほどです。


この涙袋はそもそも何故できるのか、なぜこんなに好まれるのでしょうか。

涙袋はかわいいだけじゃない?老化まっしぐらの恐怖!

男女ともに人気の涙袋のワケ

涙袋と言うのは目の周りにある筋肉の一部が膨らんで見えるのですが、


普段涙袋がない人でも笑うと涙袋(筋肉)が盛り上がります。


無表情の時より、笑顔の時にできたりしやすく目立つので、


相手に対して「かわいい」とか「優しい」「美人」な印象を与えるようです。


涙袋があると、かわいい、優しい以外に、


若さの象徴だったりもしますので自然と「童顔」に見せてくれたりもします。


実際、男性目線で女性の涙袋の印象を聞いてみるとこんな意見がありました。


・瞳が大きく綺麗にみえる
・優しげな表情にみえる
・目元が魅力的にみえる
・幼く、若くみえる
・小顔にみえる
・色気がある


このように、女性だけでなく、男性にも魅力的な涙袋ですので、


女性もついつい涙袋のある顔になりたがるのも分かるような気がします。


しかし、全ての女性にとって、涙袋が合うかといえば、


八重歯と同じで、合う人と合わない人がいますし、


全員が可愛いと断言できません。


ですので、涙袋がないと思っても落ち込むことはありませんし、


実際、自慢の涙袋に悩まされている女性も多くいます。


若い頃は欲しくてしかたなかった魅力的な涙袋が、


年齢をかさねるにつれ、若さを喜んではいられない悩みになる可能性があるのです。

大きいほどしわになりやすい涙袋

ぷくっとする下まぶたのまつ毛の下側に沿った部分を、


『涙袋』もしくは『涙堂』とよびます。


涙袋は、加齢とともにしわやたるみとなると、涙袋ではなく「目袋」と呼ばれ、


目の下部分がぷっくりして一気にマイナスな老けた印象を与えてしまいます。


涙袋は筋肉ですので、年齢とともに衰え、


目のまわりの筋肉が弱り、筋肉に張りがなくなります。


また、顔の筋肉と同じで、加齢により、筋肉を生成しているコラーゲンが減少し、


筋肉は細くなり、ますます弱くなっていきます。


目の周りの皮膚は脂肪ではなく、筋肉で覆われ、体の中では一番薄く、


厚さ0.6mm〜1.1mm、もともとコラーゲンやエラスチンが少ない場所になります。


またこの目の周辺の筋肉を「眼輪筋」といって加齢による目の周辺の乾燥、


眼輪筋の衰え、皮膚のハリ低下が、魅力的な涙袋を目袋に変えてしまい、


目元のたるみやしわの悩みへと発展してしまうのです。


加齢によって、今まで涙袋を支えていた肌の弾力や潤い、


筋肉を衰えさせ、一転して老けた印象を与えることになってしまいます。


目の下にしわができやすい人は、


下まぶたに脂肪があり涙袋の素質を持っているわけですが、


言い換えれば、涙袋が大きければ大きいほど、


目の下のたるみやしわにつながる可能性も大きいということになります。


いかがでしたか?


涙袋はたしかに魅力的な印象を与えますが、


年齢がすすむと、涙袋が目立つ人こそ、


肌の乾燥や筋肉の衰えでしわになりやすくなります。


老け顔か若々しい顔かを左右する涙袋は、


日々の肌ケアや努力によって、目元の印象を良くも悪くも左右します。


今は安心だからと目先の可愛さだけにとらわれず、


先々まで見据えたケアをしていくことが若々しさをキープできるコツといえるでしょう。


⇒涙袋のシワを見つけたら?早めに解消する方法!