世の女性から人気のある顔の一部に「涙袋」がありますが、
あなたもこの「涙袋」をお持ちでしょうか。


とくに若い世代に人気のある涙袋ですが、


女性が涙袋を欲しがる理由に、年齢のわりに若々しく見えること、


目を大きく見せる効果があり、うるうるとして可愛らしい、


顔の彫りが深く見えて美人にみえるという前向きな答えが多くあります。


また男性からも、守ってあげたい、色気を感じさせる、
という好意的な声もたくさん聞こえてきます。


しかし1つ難点として涙袋は「しわ」になりやすい箇所になりますので、
涙袋がある人は、しわ予防のスキンケアが必要です。


目元のしわに効果のある商品にスポットを当ててみます。

涙袋のシワにアイクリームVS.美容液?

目元ケアの美容液とアイクリームの正しい順番

目元のしわに効果的な商品として、美容液とアイクリームがありますが、


どちらも正しい用量で、正しく使わなければ効果もなければ、


悪化する場合もありますし、


美容にかけた時間もお金も無駄になってしまいます。。


しわに有効な美容液とアイクリームの正しい使い方、


どのような順番でつけるのが正しいのでしょうか?


(答え)
化粧水 → 乳液 → 美容液 → アイクリーム


(理由)
通常、基礎化粧品をつける順番は、


化粧水である水状からクリーム状の順でつけていきます。


これは、クリームが油分を含んでいるため、


先にクリームをつけると化粧水や美容液が浸透しないためです。


この流れで使用するのが、一番効率的な使い方となります。

アイクリームの注意点と美容液の利点

目元のしわにアイクリームをつけるときの注意点として、


力を入れないように、指の腹で軽くトントンするようなリズムで
なじませましょう。


アイクリームの注意点として、気になるしわには、


クリームを重ね付けしますが、あまり多すぎると重くなり、


しわの原因にもなります。


目元の皮膚は1番薄いですから、アイクリームの正しい用量を守らなかったり、


力の入れた塗り方しだいで、かえってしわを増やしてしまいます。


反対に、目元専用の美容液タイプを使う場合は、


水分たっぷりなので、目元に塗ってあげるだけで浸透力がアップします。


個人の好みにもよりますが、使用感としては美容液のほうがべたつきも少ないので、


しっとり保湿しながらもさっぱりとした感触の目元になります。


涙袋周辺の浅いしわには、


「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「アミノ酸」などの


有効成分配合の美容液が浸透しやすく効果的です。


なかでも、しわに1番効果のあるヒアルロン酸は必須な美容成分になります。


私も、世界初の新技術、刺すヒアルロン酸であっという間に


目元のシワが消えてしまいました。


もっと早くに出会いたかったです…写真付きで紹介しているので
興味ある方は見てみてくださいね。
↓  ↓  ↓
⇒目元のシワを一瞬で消した方法(写真付)


いかがでしたか?


アイクリームと目元美容液はどちらも成分として大差はなく、


目元のしわに働きかける美容成分配合です。


涙袋のしわが気になるからと色々塗りたくってしまえば、


目元にかなり負担をかけてしまいますので、同じ内容の成分なら、


どちらか1つ選んでみるのも良いかもしれません。


敏感な目元によけいな摩擦をかけないという点と、


美容液の浸透の早さという点で、


しわ対策に即効性があるのは、アイクリームではなく美容液になるでしょう。


シンプケアで、気になる涙袋のしわを早期に予防し、


明るい涙袋美人で一気に若返りましょう。