アンチエイジングケアを始めてから、


コラーゲンサプリを毎日摂るようにしています。


コラーゲンはたんぱく質の一種で、


肌のハリやツヤなど美容と健康に欠かせない美容成分です。


しかし、悲しいことに、コラーゲン量は20歳を境に、


どんどん減少していき、30~40代では半分以下へと減少してしまうのです。。

しかもコラーゲンの量は減少するだけでなく、コラーゲンの質までも低下しますので、


いくらコラーゲンサプリを飲んでいてもすぐに効果を感じられません。


コラーゲンの効果を感じられない理由に、


コラーゲンの分子の大きさと分子量が大きく関わっていて、


コラーゲンペプチドと言われる細かい分子が関係するようです。


同じような成分であるコラーゲンとペプチドの違いとは、


一体、なんでしょうか。

コラーゲンサプリとペプチドサプリの違いとは?!

そもそも肌への浸透力が違う?

普段飲んでいる「コラーゲンサプリ」と「ペプチドサプリ」は、


なんとなく同じようでいて、じつは、働きが違います。


なぜなら、コラーゲン自体は水に溶けにくい性質で、


消化吸収に時間もかかり、体への吸収がよくありません。


ですので、なるべく体内に吸収しやすいように、


コラーゲンに水を加えて加熱し、精製して加工したものをゼラチン状にします。


ゼラチンは温水によく溶け、それが冷えると、ゼリーのような状態になります。


さらに消化吸収しやすいように、ゼラチンを酵素分解して細かくしていくと


「コラーゲンペプチド」になります。


このように水に溶けにくいコラーゲンサプリと、水に溶けやすいペプチドサプリ、


似ているようで、じつは似ていない成分の働きがありました。

コラーゲンサプリとペプチドサプリの分子量の違いとは?

ペプチドは、コラーゲンとは違い、分子量が小さく水によく溶け、


体への吸収性も高いことから、健康食品に使われます。


コラーゲンサプリは分子量が大きいため吸収時間が多くかかりますので、


コラーゲンサプリを摂るときは分子量が小さく吸収しやすいペプチドサプリで


体内に取り入れることが望ましいでしょう。



日頃、体に必要なタンパク質を多く含む食品を適量に摂取できない時は、


ペプチドサプリでタンパク源のコラーゲンを摂り入れると、大変効率がよいでしょう。


いかがでしたか?


コラーゲンサプリと、ペプチドサプリの働きの違いを知って、毎日コツコツとり続ければ、


アンチエイジングとして最も効果も期待できるでしょう。


コラーゲンを摂るうえで大切なことは、とにかく続けること!


自分のライフスタイルに合った、味覚が好みのサプリを選んで、毎日飲み続けましょう。


⇒ペプチドコラーゲンで人気No.1はどれ?!