30代後半から、特に二人目を出産後に

一気に白髪が増えてきてしまいました…

私は頭皮がかゆくなりやすく、

カラーリングするとすぐに頭皮がかぶれてしまうんですね・・・

 

白髪を隠そうとしてカラーリングしたくてもできない状況なんです。

でも、ある時きれいな友達から、

コラーゲン飲むと白髪も減るよ~」なんて聞いてビックリ!

何より、ヘアカラーなどの化学薬品に頼らず、

体の内側からきれいになれてなおかつ白髪もなくせるなら、

一石二鳥ではないのか?と思ったんですね。

コラーゲンは白髪にも効果はあるの?!

コラーゲンが不足した髪の毛は、どんな影響を与える?

コラーゲンが不足すると、

白髪だけでなく、髪の毛にさまざまな影響があります。

コラーゲンが足りない髪の5つの症状

1.髪に艶がなくパサパサ
2.髪がまとまらない
3.抜け毛がふえてきた
4.白髪がふえてきた
5.年齢より老けてみられる

このように、髪の毛が汚い=老けて見えるってなっちゃうんですね。。

でも、ちょっと視点を変えてみると、

コラーゲンを補ってあげると、きれいな髪の毛を手に入れられる、

ということでもありますね。

白髪については、近年、東京医科歯科大学の実験から

「コラーゲンが不足すると色素幹細胞が乾き白髪になりやすい」

こともわかってきました。

引用元:http://www.tmd.ac.jp/

 

不足しがちなコラーゲンを補うことで、白髪や抜け毛予防になり、

髪の若返りにとても役立ちます。

研究で判明された髪の毛とコラーゲンの関係

イタリアのミラン大学薬理学部の研究から

「3ヶ月コラーゲンを摂取したところ、髪の毛の直径が平均35%、

最大で49%増加。コラーゲンの摂取によって髪の毛の元が活発になった」

という結果が出ています。

同時に「コラーゲンペプチドを1日5gを8週間続けると、髪の毛の太さが増すこと」
もわかりました。

つまり、コラーゲンペプチドを摂ることで、

髪がふさふさして、しっかりまとまり、

指どおりも良くなるということが、アンケート結果から判明されました

髪の毛の根元にある真皮はコラーゲンで組織され、

毛乳頭や毛母細胞をコラーゲンが刺激することで、

頭皮を活性化させ、

太い髪を生み出していると考えられています。

頭皮がコラーゲンの働きでやわらかい状態になると、

代謝も活発になり、血行が促進されます。

血流がスムーズになると、

頭皮に栄養が行き届きやすくなりますので、

健康的な頭皮からコシのある髪の毛が生えやすくなるのです。

 

コラーゲンを摂取するならどんな食材でどのぐらいの量?

では、少しでも白髪を予防するために、

 

普段の食材からコラーゲンを摂るなら、

 

どんな食品を一日にどのぐらい摂取したらいいんでしょうか?

 

コラーゲンは人間は自分の体から生み出せないので、

 

食品から補う必要があります。

 

身近な食材ですと、

 

・手羽先

・豚肉

・ソーセージ

・さんま

 

などがあります。

 

一日のコラーゲン推奨摂取量が

 

一日5000mg~10,000mg。

 

日本人のコラーゲン平均摂取量が約1,900mgなので、

 

明らかに日々コラーゲン不足だということです。

 

 

では、毎日食材でコラーゲンをしっかり摂るとなると、

 

・手羽先・・・一日5~6本

 

または

 

・サケ・・・一日約5切~6切

 

 

これだけの量をしかも毎日毎日食べ続けなければ

 

コラーゲンは不足してしまうんですね。

 

 

毎日手羽先やサケを5尾食べ続けるなんて、

 

普通に考えて無理ですよね^^;

 

 

 

いかがでしたか?

コラーゲンが髪の毛に多くの影響を与えることで、

見た目年齢に差が出てきます。

髪は女の命とまでいわれます。

誰でも、年齢を重ねるほど、若く見られることは大変嬉しいものです。

吸収されやすいコラーゲンを配合された美容成分を

積極的にとって、若々しい美しい髪を維持していきましょう。

私も早速試したいと思います!

⇒コラーゲンで人気NO.1はどれ?!