女性は、年齢を重ねてくると、


知らず知らずのうちに体に変化があらわれていきます。


更年期を迎えるころ、


お肌や髪の毛や体調の衰えにとまどい迷いはじめます。


世の中には、女性の悩みを解決する多くの美容商品があふれ、


なにを基準に選択するかも難しい状況です。


40歳中盤にさしかかり、仕事や子育てにひと段落ついて、


ふと鏡にうつる自分の疲れきった顔をみて、


思わずプラセンタを飲み始めた人もいるでしょう。


なかには綺麗にはなりたいけど、プラセンタは高級だし、


あまり自分にばかりお金をかけたくないと


途中で辞めた方もいるかもしれません。


そんな方にオススメしたい、高品質でも、


続けることに価値をおいた「プチプラ」なプラセンタを紹介します!

プチプラなプラセンタの探し方!

品質と値段はプラセンタの原材料で決まる

プラセンタといっても原材料の種類は一つだけではありませんので、


選ぶときは原材料をチェックしましょう。


プラセンタとは人間や動物の胎盤のことで、


原材料の種類は動物性と植物性があります。

豚由来、馬由来、羊由来、植物由来の違い

・動物性プラセンタ(牛、馬、羊の胎盤から抽出されたプラセンタエキス)
一般的に豚由来のプラセンタが多く出回っており、


馬由来や羊由来があります。


・植物性プラセンタ(植物の胚を原料とした栄養成分が豊富に含まれたプラセンタエキス)
女性ホルモンで有名な大豆イソフラボン、


ライ麦を原料としたプラセンタも同じ効果があるとされています。


このように、同じブラセンタではありますが、


使われている原材料によって品質や値段が違ってきます。


なかでも、もっとも効果が高いのは


馬、続いて羊、豚の順だといわれています。

プラセンタ 高品質で手に入れるならコレ!

羊プラセンタ
豚と違って免疫力と品質が高く、ニュージーランドやスイスからの輸入品で、日本では流通は少なくなっています。


豚プラセンタ
馬に比べるとアミノ酸は少なめで、


年に2,3回たくさんの子を産むのでワクチンや薬剤の投与が多く安全性に不安があります。


子をたくさん産むので胎盤を大量に生産することができ、プラセンタの中で1番安価です。


馬プラセンタ
豚と比較してアミノ酸量が約300倍も含まれ、


1年に1度しか出産しないためワクチンや薬剤の心配がありません。


基本的に1度に1頭の出産なので、


馬の胎盤は大変希少で栄養も凝縮されているといえます。


安心や安全から考えると薬剤の心配がなく、


希少・栄養価値の高い「馬」の胎盤が原料のプラセンタがオススメです。


効果のでる高品質な商品は必ず価格も高いと感じる部分はありますが、


美容は続けなければ結果がでないというのも事実なんですよね。


すこしでも女性の悩みを解消できるよう、


スキンケアを継続できるように工夫して高品質な商品を


プチプラで提供している商品も実際に存在します。


今回、口コミで大評判のプチプラ馬プラセンタを見つけました。


よければぜひレビューも参考にしてみてくださいね!
↓  ↓  ↓
⇒みんな使ってる?!プチプラ馬プラセンタこちら!