美しい肌の定義は肌のキメと毛穴が整っている状態であること、



肌に潤いと厚みがあり化粧のノリも良くてモチモチ・スベスベな赤ちゃん肌であること。


年齢を重ねた女性にとって、とても贅沢で憧れの美肌の定義です。


あらためて自分の肌をよく観察してみると、


照明の明るい部屋だったせいか頬の毛穴がまるでみかんの皮みたいにパックリ開いて、


頬の毛穴がゆるんで大きく目立っています。


子供にも「お母さんの顔、なんかボツボツの穴が見えるよ」と言われる始末。


子供からズバッと指摘されてかなりショックだったので、


高価なコラーゲンドリンクを毎日飲んでいますが、


このしずくのような涙型毛穴にまだ効果を感じられません。。


そこで体の内側ケアと一緒に、


涙型毛穴を解消するスキンケア商品を探してみました。

涙型毛穴はどうしてできる?治す方法はあるの?

涙型の毛穴の正体とは?

一般的に、気候や紫外線の影響で肌が乾燥し、


20歳をピークにコラーゲンが減少、


肌がハリを失うことで毛穴の広がりが目立ち始めます。


その毛穴は、放っておくと丸型から楕円型、


ひどくなると、涙(しずく)型に変化し垂れてきます。


肌のキメが乱れた涙型の毛穴は、しずくのように伸びて次第にたるみ、


メイクをしても凹凸が目立ってしまうため、


清潔感のない老けた印象を与えてしまいます。


涙型の毛穴のサイズダウンとキュッと締めるためには、


肌全体を毛穴ごと押し上げ、


肌全体をなめらかに整えていくことが大切になります。

涙型毛穴を解消できるスキンケアは?

(洗顔)朝と夜の1日2回、毛穴の汚れを洗顔料で取り除き、


ぬるま湯でしっかり丁寧にすすぎタオルでやさしく拭きましょう。


(保湿)涙型の毛穴に最適な美容成分を使い、毛穴の奥までしっかり保湿しましょう。


ヒアルロン酸、セラミド、ビタミン、植物天然エキスなど優れた成分選ぶとよいでしょう。


その中でも、肌にもともと備わっている成分であるヒアルロン酸が


たっぷり配合された化粧品を肌に補えば、


スベスベして、ハリのある、キメの整った肌へと導いてくれます。


「ヒアルロン酸」・・・肌の水分保持に優れて肌内部に、もともと存在する成分。


「セラミド」肌内部にある水分を、閉じ込めて逃さない脂質成分。


とくにヒアルロン酸とセラミドは、


毛穴をキュッと引き締めるために欠かせない優れた成分ですので、


美容成分を必ず確認してスキンケアを行いましょう。


いかがでしたか?


涙型の毛穴になる主な原因は、


内部要因である加齢による真皮層のコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの減少と、


紫外線やストレスである外部要因の2つです。


年齢肌が気になり、毛穴がどんどん目立ち始めるとたしかに悲しくはなりますが、


しっかりと毛穴の汚れを除去し、


たっぷりと直接肌に美容成分を補ってあげることで、


ゆっくりと肌は回復され涙型の毛穴も解消されていきます。


朝晩のスキンケアでは、


とくに夜の就寝時間であるゴールデンタイムを大いに活用すると効率もアップします。


赤ちゃん肌までとはいいませんが、


美しい肌の定義である「キメと毛穴が整っている状態」


を目指して正しいスキンケアをしていきましょう。


⇒夜のゴールデンタイムで毛穴を集中ケアする方法!